Start App-Dev from 35.

35からはじめるアプリ開発

  1. HOME
  2. 準備編
  3. For MacOS
  4. anyenvによる複数言語環境構築の準備

anyenvによる複数言語環境構築の準備

anyenv

本レッスンのゴール

anyenvのインストールを完了する

anyenvとは、Python, PHP等の様々な言語の開発環境を簡単にセットアップするツールです。  現在、Python, node.js, Golang, Ruby, PHP, Scala, R等、全18言語に対応しています。
一度使うと手放せないこと請け合いなので、ぜひ使ってみてください。

想定環境

以下の環境を想定しています。

  • OS : MacOSX Mojave (バージョン 10.14.6)

前提条件

  • gitがインストールされている事。
Homebrewによるインストールも可能ですが、大人の事情でHomebrewが使えないケースを考慮し、今回はgitコマンドを使ったインストール方法をご説明します。

全体の流れ

以下の流れで進めます。

  1. anyenvのクローン
  2. 環境変数の設定
  3. プラグインのインストール
  4. 動作確認

インストール作業

1. anyenvのクローン

端末で以下のコマンドを実行します。

$ git clone https://github.com/anyenv/anyenv ~/.anyenv
上記コマンドでは、anyenvをgithubから取得し、ホームディレクトリ配下の.anyenvディレクトリにクローン(複製)するという処理を行っています。

2. 環境変数の設定

このままだとパスが通っていないので、コマンドを/home/hogehoge/.anyenv/bin/anyenvといった感じでフルパス指定するという苦行を強いられる為、次の手順で環境変数を設定しておきます。

使っているシェルによって、設定を記述するファイル名が変わりますので、もし今使っているシェルの種類がわからない場合は、以下のコマンドで確認してください。
$ echo $SHELL
出力例とその意味、それぞれの設定を記述するファイル
/bin/bash : bashを使っている ~/.bash_profile
/bin/zsh : zshを使っている ~/.zshrc
  •  bashな方
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile
  •  zshな方
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
$ source ~/.zshrc

以下のコマンドで、バージョンコードが出力されれば、インストール成功です。

$ anyenv --version
anyenv 1.1.1

3. プラグインのインストール

このままでも使えますが、バージョンアップ作業を楽にするためのプラグインを導入します。

$ mkdir -p ~/.anyenv/plugins
$ git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git ~/.anyenv/plugins/anyenv-update

以下のコマンドで、プラグインが正常にインストールされたことを確認します。

$ anyenv update
Updating 'anyenv'...
Updating 'anyenv/anyenv-update'...
...

4. 動作確認

最後に、動作確認のついでに、以下のコマンドで、インストール可能な言語の一覧を出力してみます。

$ anyenv install --list
  Renv
  crenv
  denv
  erlenv
  exenv
  goenv
  hsenv
  jenv
  luaenv
  nodenv
  phpenv
  plenv
  pyenv
  rbenv
  sbtenv
  scalaenv
  swiftenv
  tfenv
pyenv等を使ったことがある方は気がついたと思いますが、anyenvって要は、pyenv等の統合管理ツールなんですね。

以上で、anyenvのインストールの説明を終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください