Start App-Dev from 35.

35からはじめるアプリ開発

  1. HOME
  2. 準備編
  3. For MacOS
  4. AtomのGolang開発用設定

AtomのGolang開発用設定

本レッスンのゴール

AtomのGo言語開発用設定を行い、簡単なプログラムを作成し動作確認する

想定環境

以下の環境を想定しています。

OS : MacOSX High Sierra (バージョン 10.13.4)

前提条件

  • Golangがインストールされている事
  • Atomがインストールされている事

各手順はそれぞれ、下記リンク先を参照してください。

全体の流れ

以下の流れで進めます。

  • 依存パッケージインストール
  • Atomの関連パッケージインストール
  • 動作確認

インストール作業

1. 依存パッケージインストール

Atomのプラグイン側から必要とされるGoの依存パッケージ及び関連ツールを
以下のコマンドでインストールします。

$ go get golang.org/x/tools/cmd/goimports
$ go get github.com/nsf/gocode
$ go get github.com/rogpeppe/godef

$ brew install go-delve/delve/delve

2. Atomの関連パッケージインストール

以下のコマンドで、Atomの関連パッケージをインストールします。

$ apm install go-plus
$ apm install godef 

3. 動作確認

以下のコマンドでGOHOME/src下に適当なフォルダー(本記事ではtest)を作成します。

$ mkdir $GOPATH/src/test

次にAtomを起動し、作成したフォルダーを開き、Goのソースファイル
(本記事では、ファイル名:test.go)を作成し、以下のコードを記述します。

package main

import "fmt"

func main() {
fmt.Println("Test")
}

ファイルを保存すると、自動的にコードの整形、チェック、コンパイルが走ります。
特にエラーが無ければ、以下の様な画面になります。

最後に、Terminalから以下のコマンドを実行し、以下の様な出力が得られれば動作確認完了です。

$ go run test.go
Test

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください