Start App-Dev from 35.

35からはじめるアプリ開発

  1. HOME
  2. 実践編
  3. Webアプリ開発
  4. Django
  5. DjangoWebアプリ開発(はじめてのWebアプリ)

DjangoWebアプリ開発(はじめてのWebアプリ)

本レッスンのゴール

  • ChromeなどのブラウザにURLを打ち込み、アクセスするとブラウザに文字が表示される。

前提条件

  • Djangoプロジェクトを作成済みである事

Djangoプロジェクトの作成方法については、以下をご参照ください。

全体の流れ

以下の流れで進めます。

  1. アプリ作成の足場作り
  2. Viewの実装
  3. ルーティングの実装
  4. 動作確認

作業

1. アプリ作成の足場作り

以下、PyCharmを使うものとして説明を進めます。
PyCharmでプロジェクトルートディレクトリ(manage.pyがあるディレクトリ)を開き
PyCharmのTerminalで以下のコマンドを実行します。
$ python manage.py startapp myapp
myappはアプリ名で、自由に設定出来ます。ここでは、myappとして解説を進めます。
myappディレクトリ以下に、以下のようにディレクトリとファイルが生成されていれば、
アプリ作成の足場作りは完了です。
 

2. Viewの実装

次に、ブラウザから何らかのURLでアクセスした時に、画面に文字を表示する機能を実装します。
myappディレクトリ直下のview.pyファイルに、以下の内容を記述します。

from django.http import HttpResponse


def index(request):
    return HttpResponse("test")

3. ルーティングの実装

このままでは、先ほど実装したViewに対してどういったURLでアクセスすれば良いのかわかりません。
そこで次に、ルーティングの実装を行います。
ルーティングとは、URLとViewの紐付けを定義する事です。
たとえば、http://localhost/というURLのアクセスに対して、
先ほど実装したindex(request)メソッドで定義したViewを表示する、
といった事を定義します。

まず、アプリケーション用のルーティング定義ファイルを作成します。
下図のように、myappディレクトリ直下に、urls.pyという名前でPythonファイルを新規に作成します。

作成したurls.pyファイルに、以下のコードを記述します。

from django.urls import path

from . import views

urlpatterns = [
    path('', views.index, name='index'),
]

最後に、先ほど実装したurl.pyがサーバー起動時に読み込まれるように、
プロジェクト直下のurls.pyファイルに、先ほど定義したurls.pyへのPathを追加します。

from django.contrib import admin
from django.urls import include, path

urlpatterns = [
    path('myapp/', include('myapp.urls')),
    path('admin/', admin.site.urls),
]

以上で、ルーティングの実装は完了です。

4. 動作確認

続いてPyCharmのTerminalにて以下のコマンドを実行し、

Django組み込みのテスト用サーバーを起動します。

$ cd mysite
$ python manage.py runserver

ブラウザを起動してhttp://127.0.0.1:8000/myappにアクセスし、
以下のような画面が表示されれば、動作確認完了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください