Start App-Dev from 35.

35からはじめるアプリ開発

  1. HOME
  2. 準備編
  3. For MacOS
  4. Node.js開発環境構築(MacOS編)

Node.js開発環境構築(MacOS編)

改訂内容

  • nodebrew経由から、ndenv経由でのインストールへ変更
  • anyenvによるndenv導入手順追加

本レッスンのゴール

様々なバージョンが共存可能なNode.js開発環境を構築し、動作確認が取れるまで。

想定環境

以下の環境を想定しています。

  • OS : MacOSX Mojave(バージョン 10.14.6)

前提条件

  • anyenvがインストールされている事
anyenvのインストール方法については、以下のリンク先を参照ください。

全体の流れ

以下の流れで進めます。

  1. ndenvのインストール
  2. Node.js (LTS版最新)のインストール
  3. 動作確認

作業

1. ndenvのインストール

端末を起動し、以下のコマンドを実行します。

$ anyenv install ndenv

以下のコマンドでndenvのバージョンコードが出力されれば、ndenvのインストールは成功です。

$ ndenv --version
ndenv 0.4.0-5-g6ee4840

2. Node.js(LTS版最新)のインストール

Node.jsの公式ホームページにて最新のLTSのバージョンを確認します。

(2019年09月21日時点ではv10.16.3)

次に、以下のコマンドで、先程調べたバージョンのNode.jsがインストール可能か確認します。

$ ndenv install -l
Available versions:
  v0.1.14
  v0.1.15
  v0.1.16
  v0.1.17
  ...
  v10.16.1
  v10.16.2
  v10.16.3
  v11.0.0
  ....

次に、以下のコマンドで、指定のバージョンのNode.jsをインストールし、デフォルトのバージョンを指定します。

$ ndenv install v10.16.3
$ ndenv global v10.16.3

ndenvでインストールし、設定したデフォルトのバージョンのNode.jsが使用されることを以下のコマンドで確認します。

$ which node
/Users/hogehoge/.anyenv/envs/ndenv/shims/node
$ node -v
v10.16.3

3. 動作確認

以下のコマンドでNode.jsのインタラクティブシェルを起動します。

$ node
>

以下のような簡単なプログラムを入力し、出力が得られれば、動作確認完了です。

> console.log("Hello World")
Hello World
undefined
>

以上で、MacOSXへのNode.js開発環境のセットアップは完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください